うちの子は発達障害グレーゾーン

うちの子は発達障害グレーゾーン
2017年2月16日 うちの子は発達障害グレーゾーン はコメントを受け付けていません。 子育て tamachi21

小学3年生と幼稚園年中の兄弟の母です。下の子が、発達障害のグレー判定で、現在療育にも通っています。

「もしかしたら?」と気になるようになったきっかけは、1歳ごろに言葉の遅れが気になったことでした。それを健診で相談すると、保健師さんと個別面談、簡単なテストのようなことをして、自治体が行っている「少し気になる点がある子のための育児教室」へ行き、その教室の限定期間が終わると、次に通える自治体の教室を紹介してもらい…と、紹介が続いて現在に至ります。

幼稚園では10人20人というような集団行動が苦手なようですが、療育と同じような5人程度の少人数の集団では積極的になれることを幼稚園の先生が気づいてくれました。そこで、カリキュラムによって大人数の集団とは別に、他にもいる少し集団に馴染めない子と一緒に指導をうけているようです。
当然のことながら他の子よりはいろいろなことの進度は遅れていますが、それでも子どものペースで楽しんでいるようです。
おかげで、療育も幼稚園も毎日楽しそうにニコニコと過ごしています。

そのような流れで年齢に応じた対応をしてもらえた自治体にも、子どものことをよく見てくれた幼稚園にも恵まれていたと思います。
幼稚園でも、クラスから少し離れて受けることがあると聞いた時は一瞬戸惑いましたが、子どもにとってよかったのだと安心しています。
最初の健診で思い切って相談し、教室に通い始めて、本当によかったです。

About The Author