いたずらを叱る前に、方向を変えて

いたずらを叱る前に、方向を変えて
2017年2月16日 いたずらを叱る前に、方向を変えて はコメントを受け付けていません。 子育て tamachi21

30代後半の兼業主婦、幼稚園年長児の子どもが一人います。私は在宅で仕事をしており、自分の作業スケジュールなどを把握するために、書き込み余白の多い大判の手帳や、メモ欄のあるカレンダーを多用しています。その流れで、台所にも日々の献立やアイディア、ストック食材などをふんだんにメモする大きなカレンダーを壁にかけていました。

ある時、ふと見慣れない書き込みがその台所カレンダーにあったので凝視すると、子どもの字で〇〇(子どもの友人)の誕生日会、体育のある日、などと書いてありました。これは子どものものではないから勝手に自分のことを書いてはいけない、と叱ろうかとも思いましたが、やめました。

子どもをよんで、「お母さんの仕事カレンダーには絶対手を付けてはいけないけど、この台所カレンダーならいいよ。」というと、嬉々として「けいろうのひ」「くりすます」などと書きつけるようになったのです。

おもちゃよりも、実際に生活の中で使用されている製品に興味を持つ子なので、カレンダーを喜んだのは必然的かもしれません。以降、「きょうは何曜日だっけ」「ママ、おしょうがつってどうかくの」と自発的に暦関連の字を学習するようになりました。近いうち、子どもの趣味にあいそうなカレンダーをみつけてあげようと思います。

About The Author